• 厄除け・ご祈願

  • 龍泉寺

  • 不滅の法燈

お知らせ

龍泉寺へようこそ龍泉寺へようこそ

福聚山 龍泉寺は、元久2年(紀元1205年3月)に開創の比叡山の直末寺でございます。現在では栃木県足利の地に深く根差し、足利厄除大師として近郷近在の多くの人々の信仰を集めております。正月1日から節分にかけて大祭が開催され、「縁起ガラマキ式」「ダルマ市」等で大変な賑わいとなります。また、厄除け護摩の申し込みは一年中行っております。厄除け・方位除け、その他祈願など、どなたでもお気軽にご相談いただけますので、ぜひお問い合わせください。

厄除け・ご祈願

厄除け・ご祈願

古来より、「厄年」は人生の転換期や身体の変化が大きく現れる年と言われております。また、元々は「役年」という字も当てられ、節目の年に大役を与えられる大切な年とも言われております。年の数えは元旦を起算日とし、生まれた年を1歳と数え(数え年)毎年年齢を加算していきます。
特に、厄除け祈願の創始者ともいわれる「元三大師様」の御命日である1月3日を中心に、元旦から節分までを「足利厄除大師大祭」として催し、県内外より多くの参拝者でお越しになり大変賑わっております。

当寺では一年を通して各祈願を修しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。ご本人がお参り出来ない場合は、ご家族の方など代理でも可能です。

不滅の法燈

不滅の法燈

天台宗を開かれた「伝教大師様」が、今から1200年の昔、比叡山根本中堂の薬師如来の御宝前に「明らけく、後の仏の御世までも、光伝えよ法の灯しび」と、御心を込められて点灯された尊火である。この灯しびは、私たちに明るい知恵に満ちた人生と平和を願い点灯され、油断のない人生を送ることの大切さを諭された尊火であり、昭和60年3月30日比叡山延暦寺第253代天台座主猊下より、日本で第8番目に龍泉寺に分灯され、厄除け大師御宝前に御安置され、あかあかと灯されております。

龍泉寺美術館

龍泉寺美術館

龍泉寺では、「文化の発信地」として、「龍泉寺美術館」を開館する運びとなりました。数々の貴重な美術品や文化財を常設しております。また、茶室「華照庵」も併設しております。アートと厄除の寺として、皆様のお役に立てれば幸甚でございます。

開館時間:10時~16時 (月曜休館)

ペット供養

ペット墓

犬

龍泉寺ではペット供養を行っております。
人の死と同様に大切に火葬し、供養をいたします。大切なペットの旅立ちのお手伝いをさせて頂きます。

まずはお電話にてご相談ください。
電話番号:0284-41-5685 基本受付時間:午前8:00~午後5:00